妊娠中の抗生物質内服による作用について

妊娠に気付かずに抗生物質を飲んでしまった、または妊娠中に抗生物質を飲まなければならなくなった、このような場合どうすればよいのでしょうか。抗生物質の作用はどのようなものがあるのでしょうか。
抗生物質は、細菌感染が起こった場合や細菌感染の恐れがある場合に処方されます。抗菌薬ともよばれており、細菌の増殖を抑えることで感染症を抑え治癒に結び付ける働きがある薬です。身近なところでは、風邪をひいた時や抜歯をした時などに処方されます。この、抗生物質を妊娠中に内服した場合、胎児には影響がでる可能性があります。しかし、必ず、影響が出るわけではなく、その種類や、内服した時期によって違います。抗生物質の種類については多くあり、その種類によっては、副作用として胎児に聴覚障害、肝障害、骨格障害が出る恐れがあります。中には、胎児には影響がなく作用を発揮できるものもあるので、妊娠しているまたはその可能性がある場合は、必ず診察時に医師に伝える必要があります。また、胎児は妊娠16週以前の初期に身体の重要な神経や臓器などのほとんどが作られるため、初期は特に抗生物質に限らず、内服薬には注意する必要があります。よって、妊娠に気付かずに抗生物質を内服してしまったという場合は、初期にあたるため胎児に影響がある可能性があり、直ちに医療機関を受診し薬の名前やいつどれくらい飲んだのかなどを伝えるのがよいでしょう。胎児に影響があるかとても心配になりますが、自己判断は危険なので、早めに医師へ相談するのがよいです。健康上気になるところは妊娠前に治すよう努め、また妊娠期間中は、体調を崩さないよう無理をせずしっかりと休息をとるのがよいでしょう。